私とアロマオイルとの最初の出会いは、今から22年くらい前。

当時まだアロマは、余り知られてなくて、

友達がイギリスに住んでいるお姉さんより、

アロマの精油を送ってもらい、精油の良さを広めているところでした。

 

イギリスや、フランスでは、アロマテラピーの歴史は長く、

特にフランスでは、病院や処方箋にも処方されるくらい 認知されていました。

 

小さい頃から病気がちな私は、薬をたくさん摂取してきて、 薬に頼らない生活をしたいと思っていたところで、 自然とのライフスタイルを求めていた私にぴったりでした。 それから、解毒も兼ねて生活の中にアロマテラピーや、 ハーブ、東洋医学・*スピリチュアル心理学などいろいろ取り入れ実践してきました。

 

 *私は、ボディ(肉体)、マインド(知性)、スピリット(精神)のバランスが大切だと考えています。

 

特に三番目の子どもがぜんそく気味で、アロマの芳香浴には助けられました。

小さな子どもにとって、薬に頼らないアロマテラピーはとても重宝しました。

 

アロマのエッセンシャルオイル(精油)は、*処方を間違えなければ、生活全般に使えます。 

 

*小さいお子さんや体の状態によって禁忌となる精油もございます。

 

aromaや自然療法の素晴らしさを皆様にお伝えできたらと考えています。 

 

またシンギングボウルとの出会いは、2007年7月

 

マントラヨーガをやっているときに、仙骨を軸に体が円を沿うように

回り始めたのです。

なにが起こったのか全く分からない私は、

終わった後、ヨーガの先生に聞きに行きました。

そしたら、今日はシンギングボウルを使ったからかしらと。

 

因果関係はよく分かりませんが、とても不思議な、

とても夢心地な気持ちよい体験をしました。

 

それから、シンギングボウルの倍音を聞くと

心の中でとてつもない空間と繋がる気がし、

倍音に身をゆだねることが私の癒しになっていました。

 

それからしばらくシンギングボウルを

CDで聞くことで満足していた私ですが、

2013年12月、しばらくシンギングボウルの倍音も聴いてなかったのに

急に自分がシンギングボウルを奏でているビジョンが出てきて

すぐにシンギングボウルの門を叩いたのです。

そして翌年自分のシンギングボウルに出会う為に

ネパールに行ってきました。

 

全く初めての場所でしたが、直感を頼りに

シンギングボウルを製造している工房を見つけ

やっと自分のシンギングボウルに出会うことが出来ました。

 

 

 

 

マリソル(yoshimi  nihonmatsu)

 

  1992年頃aromaに出会う。 

       aromaを日常生活に取り入れ始める。

       体の調子が悪いとき、化粧水、掃除等アロマオイルを使用

  1997年 東洋医学研究所(藤沢)にて基礎クラスを受講 

  2005年 日本アロマ環境協会のアロマテラピーアド

        バイザー 資格習得         

  2007年 prime herbでヒーリングセラピスト 

         ヒーリング・アロマトリートメント課程修了

  2008年 sunsmile セルフヒーリングチャクラ  

        課程修了

  2009年 sunsmile オーラリーディングカウンセラ 

        ー養成課程修了

  2011年 aroma学院にてトリートメント、ボディ 

        トリートメント 解剖生理学、アロマ理論     

        栄養学、課程修了

  2013年 シンシア・ロヒさんのもとで

        シンギングボウル波動ヒーラーとなる。

 

 

このほかにもスピリチュアル心理学、東洋医学の講座等多数修了しています。